PR
PR

地域住民の「集いの場」新設 函館市地域包括支援センター社協

 【函館】函館市戸井支所(館町)内の函館市地域包括支援センター社協は今月、地域の人が気軽に訪れ職員との情報交換ができる集いの場「つどーれ101(とい)」を新設した。

■戸井支所内 ネット環境など整備

 函館市は4月から、市内に10カ所ある地域包括支援センターを高齢者だけでなく幅広い世代の困りごとに対応する福祉拠点にした。戸井、恵山、南茅部、椴法華の東部地域を管轄する市地域包括支援センター社協も自立相談支援機関を併設し、年齢に関係なくさまざまな事情で経済的に困窮し、最低限度の生活が維持できなくなる恐れのある人の自立を支援する。

残り:283文字 全文:546文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る