PR
PR

青函フェリー、乗組員の新型コロナ感染で減便

 【函館】青函フェリー(函館)は18日、1日8往復16便を運航している函館―青森間を同日から1週間程度、1日6往復12便に減便すると発表した。フェリーの機関士ら4人の新型コロナウイルス感染が確認され、人繰りが難しくなったため。

 同社によると、4人は乗客と接しておらず、同日午後から同船の消毒作業を行っている。

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る