PR
PR

鳥インフル 今季12道県21カ所で発生

 農林水産省によると、養鶏場などでの高病原性とみられる鳥インフルエンザの全国での発生は、2021年11月以降、胆振管内白老町と網走市の道内2カ所で発生が確認された22年4月16日にかけて、計21カ所に上る。

 鳥インフルエンザは、渡り鳥が秋から翌春にかけて日本列島を南下して北上する期間に合わせ、各年度の数値は10月~翌年4月でまとめている。

残り:278文字 全文:448文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る