PR
PR

昼の校庭、タンチョウお散歩 つがい? 小樽・朝里小に

 道東に生息する国の特別天然記念物タンチョウ2羽が12日、小樽市立朝里小(遠藤隆典校長)の校庭に飛来した。

 正午ごろ、つがいとみられるタンチョウが校庭にいるのを教職員が発見し、撮影した。校内放送でタンチョウの飛来を知らせると、児童たちが校舎の中から興味深そうに観察していたという。2羽とも約20分後に飛び去った。

残り:163文字 全文:319文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る