PR
PR

鈴木道政支持81% 重点分野「景気・雇用」最多23% 本紙世論調査

 北海道新聞社は鈴木直道知事が23日に就任3年を迎えるのを前に8~10日、全道世論調査を行った。知事の道政運営への評価は「大変良い」「まあ良い」と回答した人が計81%と、昨年4月の前回調査から4ポイント低下したものの、3年連続で80%台を維持した。力を入れてほしい分野は「観光振興など景気や雇用対策」が最多の23%となり、コロナ禍で停滞した地域経済の活性化を求める声が強まった。

 鈴木道政を支持する回答は「大変良い」が29%、「まあ良い」が52%。「まったく良くない」は1%、「あまり良くない」は5%だった。支持の理由は「人柄・イメージが良い」が31%で最多。男女別の支持率は男性76%、女性87%だった。

残り:517文字 全文:972文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒鈴木知事支持率8割 イメージ先行、政策に課題 本紙世論調査
(ログインしてお読みください)

⇒秋元市長「支持」38% 「不支持」も同率、就任以来最多 本紙世論調査
⇒五輪招致 札幌市民「反対」57% 全道は「賛成」51% 本紙世論調査
⇒岸田内閣支持率58% 全道世論調査、前回調査より5ポイント増

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る