PR
PR

プーチン氏、住民虐殺関与を否定 軍事作戦「全て達成する」

 ロシアのプーチン大統領は12日、ベラルーシのルカシェンコ大統領と共に極東のボストーチヌイ宇宙基地を視察後、首脳会談を行った。プーチン氏は共同記者会見で、ウクライナの首都キーウ(キエフ)郊外ブチャでの住民殺害をロシア軍の責任とする指摘を「フェイクだ」と述べ関与を否定した。

 これに先立ち、ウクライナでの軍事作戦は全ての目的が達成されるまで続けると述べた。

 プーチン氏は、ウクライナはロシアの兄弟国だとし「ウクライナで起きていることは疑いなく悲劇だ」と述べた。一方「ウクライナ側はロシアを攻撃する時期をうかがっていた」として衝突は避けられなかったと侵攻を正当化。

より詳しい記事は電子版会員専用です。

【関連記事】
⇒マリウポリの死者2万人超か 親ロ派、化学部隊の投入に言及
⇒ロシア新司令官が残虐行為を助長 CNNテレビで米高官
⇒ロシア「敵はナチス」 ウクライナ侵攻を正当化 国内結束図る狙いか

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る