PR
PR

保護猫。最期まで穏やかに 札幌のNPO、施設開設へCFで資金 住宅購入し改装

 飼育放棄された猫や野良猫を保護し、新たな飼い主を探す活動に取り組むNPO法人「猫と人を繋(つな)ぐツキネコ北海道」(札幌市中央区)は5月中にも、猫の飼育施設を市手稲区に開く。購入した一戸建て住宅を改装し、猫が最期まで穏やかに暮らせる場として運営する。「恵まれない猫がいなくなってほしい」と願い、クラウドファンディング(CF)で開設資金を募っている。

 道環境生活部によると、命を終えるまで猫の面倒を見ることに特化した施設は道内で珍しいという。

残り:607文字 全文:828文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る