PR
PR

アルパカ赤ちゃん注目 釧路市動物園が夏季営業開始

 【釧路】釧路市動物園(阿寒町下仁々志別)が10日から、夏季営業期間に入り、営業時間が1時間半延長され、午前9時半~午後4時半となる。今の時期の1番の見どころは、3月29日に一般公開が始まったアルパカの赤ちゃんだ。

 赤ちゃんは2月11日に母親エルシーと父親ネプチューンの間に生まれた雌。動物園職員が「愛らしい響きの名前を」と、「わたあめ」と名付けた。同園でのアルパカの赤ちゃん誕生は、昨年5月のアンバー(雄)に続き、6頭目。

残り:209文字 全文:421文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る