PR
PR

真白な群別岳、幌天狗から増毛山地一望

 【石狩】登山道がほとんどない豪雪地帯の増毛山地は、早春の今が登山シーズンだ。豊富な残雪を踏みしめ幌天狗(ぽろてんぐ、1222メートル)に登ると、山や海が360度見渡せる絶景が待っていた。

幌天狗から仰ぐ群別岳(左)と奥徳富岳。豊富な残雪が覆い、まだ真っ白だ=10日午前11時55分ごろ
幌天狗から仰ぐ群別岳(左)と奥徳富岳。豊富な残雪が覆い、まだ真っ白だ=10日午前11時55分ごろ


 10日、石狩市浜益区幌から入山。真新しいヒグマの足跡が2カ所あった。ホイッスルを鳴らして進む。浜益区のシンボル・黄金山(739メートル)は雲海に浮かんでいるようだ。

 山頂からは、石狩市の最高峰・群別(くんべつ)岳(1376メートル)や奥徳富(おくとっぷ)岳(1346)メートル、浜益岳(1258メートル)などが見渡せた。遠くは大雪山系や十勝岳連峰、石狩湾越しに積丹半島の山々も見えた。

残り:113文字 全文:482文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
⇒トヨニ岳への難所「ナイフリッジ」 国立公園化内定、原始の姿残す日高山脈
⇒冬限定、凍結した空沼渡り空沼岳へ
<北海道アウトドア情報サイト>あさってキャンプ

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る