PR
PR

マガン、空知で旅の羽休め エサ求めて田畑にぎやか

 【美唄】国の天然記念物マガンが、市内をはじめ空知管内の水辺などに飛来している。越冬地の宮城県から繁殖地のロシア極東へ北上する旅の途中で、田畑に残るもみなどをついばみ、羽休めしている。

 市上美唄の田畑には、3月下旬からエサを求めるマガンが集まり始め、今月4日には「クワックワッ」と鳴きながらにぎやかに食事する姿が見られた。

残り:200文字 全文:361文字
続きはログインするとお読みいただけます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る