PR
PR

<デジタル発>新駅できた!ロイズタウン駅開業フィーバー 道内在来線20年ぶり

 JR北海道札沼線のあいの里公園(札幌市北区)-太美駅間に12日、新駅「ロイズタウン駅」が開業しました。北海道内での在来線の新駅は20年ぶりのことです。地元の当別町などが開業を記念して、記念ツアーを主催。ラベンダーをイメージした紫色の特急車両を活用した「ラベンダー編成」(5両)が運行されました。駅周辺は、開業を祝う町民や鉄道ファンでにぎわいました。

北海道で20年ぶりの在来線の新駅となった「ロイズタウン駅」の駅舎。ガラスが多用され、明るい雰囲気です
北海道で20年ぶりの在来線の新駅となった「ロイズタウン駅」の駅舎。ガラスが多用され、明るい雰囲気です

 
■北海道2カ所目

 ロイズタウン駅は、当別町と、町内に製造拠点を置く菓子製造販売ロイズコンフェクト(札幌)がJRに設置を求めた「請願駅」です。約300メートル北側にロイズふと美工場があります。駅舎やホームの建設費はロイズが負担しました。町は駅前広場の整備も進めています。北海道の在来線の新駅開業は、2002年の函館線流山温泉駅(渡島管内七飯町)以来です。企業名を冠する駅名は、道内では千歳線サッポロビール庭園駅(恵庭市)に続き2カ所目だそうです。ロイズタウン駅の北側の「太美」、「当別」の両駅は12日、それぞれ「石狩太美」「石狩当別」だった駅名から変更されました。これまで、駅が石狩市内に立地していると勘違いされることがあったため、当別町が変更するよう求めていたためです。

ロイズタウン駅のホームに到着した記念列車を撮影する鉄道ファンら
ロイズタウン駅のホームに到着した記念列車を撮影する鉄道ファンら

残り:791文字 全文:1439文字
続きはログインするとお読みいただけます。

【関連記事】
<デジタル発>一覧はこちら
ロイズタウン駅開業、記念列車が走行 町民や鉄道ファンが祝う
特急おおぞら「283系」ラストラン 釧路駅でファン別れ惜しむ
開業以来の駅名「石狩」姿消す 札沼線2駅「当別」「太美」に
JR北海道、来年3月に7駅廃止 当別に「ロイズタウン駅」開業

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る