PR
PR

<いいコレ道東>食・観光

■北見・じゃが野郎の「3種の生ポテチ」 風味の違い楽しんで

 【北見】居酒屋「じゃが野郎」はその名の通り、オホーツク管内津別町や同訓子府町など、地元産のジャガイモを使った料理を提供している。

地元産のイモを揚げた3種の生ポテチ
地元産のイモを揚げた3種の生ポテチ


 肉じゃがやいももちなど多彩なメニューの中でも、人気は「3種の生ポテチ」(400円)。紫色「シャドークイーン」やおなじみの「男爵」、クセの少ない「さやか」など常時6種類前後の品種をそろえ、この中から3種類を選んでスライスして揚げる。シンプルに塩こしょうで味付けしたチップスは、甘みが強かったり、口当たりがしっとりしていたりと、それぞれの品種の風味が際立つ。

残り:1081文字 全文:1353文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る