PR
PR

事件発生の東大、不安抱え受験 「怖い」、手荷物検査求める声も

 付近で3人が切り付けられる事件が発生した東大では15日、受験生が不安を抱えたまま大学入学共通テストに臨んだ。「怖い」と声を震わせる高校生。手荷物検査の実施を求める声も上がった。

 現場付近の農学部正門前には午後になってもしばらくパトカーや警察車両が止まり、警察官が交通整理や大学に出入りする人の誘導に当たっていた。昼休みで会場から出てきた東京都足立区の高校3年梁川柊輔さん(17)は「自分が被害に遭っていたかもしれない。そう思うとやっぱり怖い」と不安を隠せない。

 葛飾区の高校3年の男子生徒(18)は「安全には代えられないので、手荷物検査をしてほしい」と訴えた。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る