PR
PR

漫画海賊版で被害1兆円超 ネット掲載、ただ読み急増

 インターネット上に漫画を無断掲載する海賊版サイトで、2021年に「ただ読み」された被害額が推計で少なくとも約1兆19億円に上ることが15日までに、一般社団法人ABJの調査で分かった。20年の4・8倍に急増しており、同年の正規の漫画販売額(6126億円、出版科学研究所調べ)の1・6倍に当たる。

 出版社などでつくるABJによると、約900の海賊版サイトを把握。アクセス数の多い10サイトを調べたところ、年間アクセス数は計37億5663万件と20年の2・5倍に上った。サイト上で読むオンライン型と、データを取り込むダウンロード型があり、被害額は前者のみで推計した。

より詳しい記事は電子版会員専用です。

【関連記事】
⇒うっかり違法ダウンロード! ユーザーも気をつけたい改正著作権法のポイント

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る