PR
PR

江差、上ノ国両町長の陰性判明 新型コロナ濃厚接触者

 【江差、上ノ国】新型コロナウイルスの感染が確認された北海道新聞記者と面会したため、濃厚接触者になった檜山管内江差町の照井誉之介町長と上ノ国町の工藤昇町長は15日、PCR検査の結果、陰性と判明した。両町長は在宅で業務を行っていたが、照井町長は17日から、工藤町長は19日から、それぞれ通常通り勤務する。

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る