PR
PR

北朝鮮、鉄道からミサイル2発 探知、迎撃困難 奇襲能力向上狙う

[PR]

 【ソウル上家敬史】北朝鮮の朝鮮中央通信は15日、北西部・平安北道(ピョンアンプクド)の鉄道機動ミサイル連隊が14日に「戦術誘導ミサイル」の発射訓練を行ったと伝えた。北朝鮮は昨年9月15日にも鉄道車両を利用したミサイル発射訓練を実施している。敵による発射地点の探知や迎撃を困難にし、奇襲能力を高める狙いとみられる。

 日米韓は14日午後、平安北道付近から発射された短距離弾道ミサイルと推定される飛翔(ひしょう)体2発を探知。報道はこれを指すとみられる。韓国軍によると、14日の飛翔体の飛距離は約430キロ、高度は約36キロだった。

残り:507文字 全文:771文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る