PR
PR

小樽で24人感染、新成人は計31人に 新型コロナ

[PR]

 小樽市は15日、新型コロナウイルスの新規感染者を新たに24人確認したと発表した。新規感染者数が20人を超えるのは2日連続。成人式前後の多人数の飲み会に参加した新成人の感染者は、そのうち10人で計31人となった。市は「感染経路を追えず、市中感染と言える」とし、無症状でも不安のある人は無料のPCRや抗原検査を受けるよう呼び掛けている。

 市発表の24人は軽症が21人、無症状が3人。このうち12人の感染経路が分かっていない。

 新成人の感染者について、小樽市立病院が事務職員1人の感染を発表。職員は9日の小樽市の成人式前に友人と会食し、成人式当日夜に多人数の飲み会に参加した。同病院は接触のあった職員6人にPCR検査を実施し、全員陰性だった。市消防本部もオタモイ支署の職員1人の感染を発表。職員は9日の札幌市の成人式に出席後、飲食を伴う同窓会に出席した。新成人の感染は複数のグループに分かれているため、15日時点でクラスターと認定されていない。

 道発表の管内町村部は11人。管内の感染者は市発表の延べ1547人を含め同2158人となった。(鈴木孝典)

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る