PR
PR

社民党首選で福島氏再選 無投票 党勢回復へ背水の陣

 社民党は14日、福島瑞穂党首(66)の任期満了に伴う党首選を告示した。福島氏以外に立候補の届け出はなく、無投票再選が決まった。3月の党大会で正式に就任し、任期は2年。夏の参院選で政党要件となる「得票率2%以上」を割るとの見方が出る中、福島氏は党勢回復に向け、背水の陣で臨む。

 福島氏は参院当選4回。2003年に故土井たか子氏の後を継いで党首に就任し、13年まで5期務めた。又市征治前党首の任期満了に伴う前回20年2月の党首選で無投票で返り咲いた。

残り:427文字 全文:651文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る