PR
PR

JR全特急運休、利用者の足直撃 受験生「心配」

 暴風雪が続く道内は14日、JRの全ての特急列車が運休し、除雪作業のため午後9時以降の札幌駅発着列車の運休が決まるなどダイヤが終日大幅に乱れ、利用客の足を直撃した。15日からの大学入学共通テストを控えた受験生たちにも、不安と戸惑いが広がった。

 札幌市のJR札幌駅では14日午後8時ごろ、最終列車出発時間の案内が改札口前の電光掲示板に表示され、構内アナウンスでも午後9時以降の全面運休予定が放送された。運休を知らずに駅を訪れた利用客らからは、ため息が漏れた。

残り:613文字 全文:841文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る