PR
PR

みそぎ行列、願うは平穏 木古内・佐女川神社

 【木古内】豊漁と豊作を祈願する伝統神事「寒中みそぎ祭り」は2日目の14日、町観光協会などが同時開催する「寒中みそぎフェスティバル」が始まり、佐女川神社の氏子ら約100人がちょうちんを手に練り歩く「みそぎ行列」を行った。

 雪の中、みそぎ公園を午後6時に出発した参加者は、キャンドルで彩られた木古内駅前の「みそぎロード」を経て神社までの約1キロを歩いた。水を浴びる鍛錬「水ごり」を行う行修者菊地隆仁(りゅうと)さん(18)の妹で函館市立巴中3年の玲杏(れあ)さん(15)は「寒かったですが、伝統あるみそぎ行列に参加できて良かった」と話した。

残り:107文字 全文:376文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る