PR
PR

ワカサギ釣り連日人気 新得・サホロ湖 テント並ぶ

 【新得】新型コロナウイルスの影響でアウトドアに注目が集まる中、町内新内のサホロ湖で、冬の風物詩・ワカサギ釣りが人気を集めている。

 10日に解禁。町内外から釣り人が続々と訪れ、厚さ約20センチの氷が張った湖上には連日、約30のテントが並ぶ。テント内では湖面にドリルで穴をあけた愛好家らが糸を垂らし、さお釣りを満喫。多い人で150匹以上を釣り上げた。同日、札幌から母親と来た女子高校生(18)は「1時間で10匹ほど釣れた。てんぷらにして食べたい」と話した。

残り:145文字 全文:372文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る