PR
PR

濃厚接触者待機10日で解除 介護職員など最短6日に

 新型コロナウイルスの新変異株「オミクロン株」の感染拡大を受けて、後藤茂之厚生労働相は14日、感染者の濃厚接触者が待機する期間に関し、警察や介護など、社会機能維持に必要な「エッセンシャルワーカー」に限り、最短で待機6日目の検査で陰性なら解除できるようにすると発表した。現在の待機期間は14日間で、エッセンシャルワーカー以外の一般の人は10日間に短縮する。適用開始日は未定。

 オミクロン株の感染急拡大に伴い濃厚接触者も急増。社会経済活動に不可欠な人材が確保できない恐れが強まっていたため、専門家の意見を踏まえ待機期間を短縮。危機回避を目指す。

より詳しい記事は電子版会員専用です。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る