PR
PR

【道スポ】興梠「体壊れてもミシャのために」恩返し弾決める 札幌市内で新入団会見

 北海道コンサドーレ札幌は13日、札幌市内のホテルで新入団会見を行い、FW興梠慎三(35)とMF井川空(21)が今季への決意を口にした。浦和から期限付き移籍したストライカーは「身体が壊れてもミシャのために」と、再タッグを組むミハイロ・ペトロビッチ監督(64)への恩返しを誓った。

 フィニッシャーとしての期待を背負う興梠は「自分の身体がぶっ壊れても、ミシャのために、チームのために頑張りたい」と、恩師への熱い思いを口にした。背番号は「23」に決まった。

 浦和ではペトロビッチ監督の下で2013年から17年まで5シーズンプレー。「その5年間が自分をすごく成長させてくれた」と振り返る。鹿島時代の12年から20年まで、9年連続で2桁得点をマークし、J1通算158得点は歴代3位。ミシャの下でストライカーとしての才能を完全に開花させた。

 忘れられない後悔がある。17年7月、ペトロビッチ監督が志半ばで浦和を去ることになった。恩師の解任に「今でも忘れない。なぜもっと自分が貢献できなかったのか」と無念さを募らせていた。「もう一度チャンスをくれるなら、ミシャともう一度サッカーがしたい。ずっと思っていた」。運命に導かれ、ついに再タッグを結成。粉骨砕身、赤黒のために全てをささげる。

 昨季は20試合で1得点にとどまったが、天性のゴールセンスは健在。「強い意志を持って来た。プロ1年目のような気持ちで戦いたい。ミシャが監督で二度と同じような目に遭いたくない」と興梠。名将の下で完全復活を果たし、札幌の攻撃をけん引する。(石栗賢)<道新スポーツ1月14日掲載>

北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る