PR
PR

囲碁、仲邑菫二段がリーグ初進出 女流名人戦、公式戦9連勝

 囲碁の中学生棋士、仲邑菫二段(12)は13日、東京都千代田区で打たれた第33期女流名人戦予選の準決勝、決勝で茂呂有紗二段(22)、加藤千笑二段(20)を連破し女流名人リーグに初めて進出した。昨年11月からの公式戦連勝は9に伸びた。

 女流名人リーグは7人が出場し、藤沢里菜女流名人への挑戦権を争う。予選からの進出枠は3で、仲邑二段は今期5連勝で予選を突破。リーグに向け、「一局一局を頑張ります」と意気込みを語った。

 仲邑二段は昨年、43勝18敗の好成績を挙げ、所属する日本棋院の勝ち数ランキングで3位となった。今年の通算成績は3勝0敗。

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る