PR
PR

外付けHDD紛失 顧客情報など3万件超 北ガス

[PR]

 北海道ガスは12日、顧客や工事委託先の従業員情報計3万1536件が入った可能性のある外付けハードディスクドライブ(HDD)1台を紛失したと発表した。現時点で、情報の悪用や不正利用の問い合わせはないという。

 北ガスによると、今月11日、社内の棚卸し作業中の社員が当該HDDがないことに気付いた。社内調査の結果、最後に使ったのは2019年2月で、誤廃棄の可能性が高いという。ただ、完全にデータが消去されたかどうか確認できないとして公表した。

 記録されていた可能性のあるデータのうち、01~13年に実施したガス管工事に関する情報には、顧客の氏名や住所などが含まれるという。同社は「管理体制の見直しや情報管理ルールの再徹底など再発防止に努める」としている。

 問い合わせは同社設備技術サービス部施工管理グループ(電)011・590・7500(平日午前9時~午後5時)へ。(田中雅久)

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る