PR
PR

後任社長は当面置かず コンサドーレ、野々村社長の退任を発表 三上GMが事実上トップに

 サッカー・Jリーグ1部(J1)北海道コンサドーレ札幌は12日、野々村芳和社長(49)が退任し、ゼネラルマネジャー(GM)の三上大勝氏(50)が事実上トップの代表取締役GMに就任したと発表した。後任の社長は置かず、野々村氏は引き続き代表権を持つ会長に就いた。

 役員人事は11日の臨時取締役会で承認された。三上氏は「(野々村氏に加え、三上氏の代表取締役就任で)変化に負けず、クラブが成長できる体制をつくるため」と狙いを話した。自身の代表取締役GM就任については、「実質的に社長と思ってもらって構わない。GMを今後も継続したい思いから、代表取締役GMという形になった」と説明した。

残り:88文字 全文:405文字
全文はログインすると読めます。

【関連記事】
ファン第一の敏腕経営 野々村氏、社長退き会長に

北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る