PR
PR

北方領土に新型戦車を配備 ロシア軍

[PR]

 【ユジノサハリンスク仁科裕章】ロシア軍の極東地域を管轄する東部軍管区は11日、クリール諸島(北方領土と千島列島)に昨年、主力の新型戦車T80BVを配備したと発表した。場所は明示していないが、ロシアが実効支配し、師団が駐屯する北方領土の択捉島や国後島とみられる。

 T80BVは寒冷地に敵し、時速70キロ以上での走行が可能。配備後、射撃を伴う運転訓練を実施したという。クリール諸島とサハリン島で10日、兵士千人以上が約100の装備を使用する射撃訓練が行われており、投入された可能性が高い。

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る