PR
PR

ファン第一の敏腕経営 野々村氏、社長退き会長に

 札幌の野々村芳和社長が11日、退任して会長に就任した。退任理由は12日に開く予定の会見でクラブから説明がある見通しだが、約9年の在任期間で札幌をJ1に再昇格させ、定着するまでに成長させた功績は大きい。

 野々村氏は2013年3月、運営会社コンサドーレの前身北海道フットボールクラブ(HFC)の社長に、選手出身のクラブOBとして初めて就任した。昨年9月に亡くなった石水勲石屋製菓名誉会長(当時HFC取締役)の指名だった。当時、クラブは3千万円以上の債務超過を抱え、「最大の課題」と語るほど経営難だった。

残り:456文字 全文:706文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る