PR
PR

並行在来線、道交え協議へ 小樽市長と余市町長が初会談 財政支援確保狙う

 【余市】北海道新幹線札幌延伸に伴いJR北海道から経営分離される並行在来線函館線余市―小樽間の存廃を巡り、小樽市の迫俊哉市長は11日、余市町役場を訪れ、斉藤啓輔町長と初の2者協議を行った。両者は双方の立場を確認した上で、今後は道にも参加を呼びかけ3者協議を開催する方向で一致し、協議を継続するとした。道を巻き込むことで鉄路の存続に向けた財政支援への道筋をつけたい狙いがあるとみられる。

 2者協議は、迫市長が昨年11月の定例記者会見で、余市―小樽間の鉄路維持を訴える斉藤町長と財政負担について協議したい意向を示し実現した。

残り:594文字 全文:854文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る