PR
PR

長万部―小樽間の重要性訴え 札幌駅前で街頭スピーチ 北の鉄路存続を求める会など

 市民団体「北の鉄路存続を求める会」は11日、2030年度末予定の北海道新幹線札幌延伸に合わせて経営分離されるJR函館線長万部―小樽間の存続を求める街頭スピーチを札幌市中央区のJR札幌駅前で行った。

 同区間を巡っては、経営分離後の収支の見通しが厳しいことから、道や沿線9市町の間で一部鉄路維持や全区間バス転換などの存廃論議が続いている。同会は道が主体となり、全区間の鉄路を維持するよう求めている。

残り:135文字 全文:333文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る