PR
PR

タンチョウ 道北で交雑か 大陸の個体との営巣確認 酪農学園大など調査 絶滅リスク軽減

 日本では道内だけで繁殖する国の特別天然記念物タンチョウが、ユーラシア大陸から飛来した個体とつがいをつくり、宗谷管内豊富町のサロベツ原野で繁殖した可能性があることが、酪農学園大の寺岡宏樹教授(58)らの調査で分かった。国内のタンチョウは道内の群れの中だけで繁殖を繰り返し、遺伝的に異なる大陸からの個体との交雑は確認されていなかった。今回、北海道と大陸の個体群同士による営巣を初確認した。交雑で遺伝的多様性が増せば感染症への抵抗力が高まり、絶滅リスクの軽減も期待される。

 NPO法人サロベツ・エコ・ネットワークの長谷部真事務局長(45)が2018年7月、サロベツ原野にあった巣から、羽根と未受精卵とみられる卵を発見。寺岡教授が羽根4枚の遺伝子解析を行い、ミトコンドリアDNAの塩基配列を調べた結果、うち2枚が、過去の分析で韓国で見つかった個体と同じ配列を持つ「ユーラシア大陸個体群」の雄のものと分かった。残る2枚は、道内に生息する「北海道個体群」の雌だった。

 寺岡教授は1878年(明治11年)に捕獲された剥製を含め、国内約400羽の遺伝子解析を行っており、大陸個体群の雄と同じ塩基配列の野生個体は国内にはなく、「大陸から飛来し、営巣したもので間違いない」としている。タンチョウは通常2個産卵するため、寺岡教授は「見つかった未受精卵とみられる卵以外のもう一つは、無事ふ化した可能性が高い」と語る。

残り:438文字 全文:1079文字
全文はログインすると読めます。

【関連記事】
タンチョウ保護は新たな段階に 過去最多1900羽 給餌依存から採食地整備推進

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る