PR
PR

願い込め 児童が書き初め挑戦 ネイパル北見 消しゴムはんこ作りも

 特別支援学級などに通う児童とその保護者らを対象とした1泊2日の「チャレンジキャンプ」が8、9の両日、北見市常呂町の道立青少年体験活動支援施設ネイパル北見で開かれた。オホーツク管内の小学1~5年生の5組13人が、書き初めや消しゴムを使ったはんこ作りを楽しんだ。

 子どもたちの個性を伸ばし、親子の絆を強めることを目的に、ネイパル北見が毎年開催している。児童らは初日、書き初めで将来の夢や新年の目標を力強く書いた。9日には遠軽町で消しゴムはんこを作製、販売している「アトリエたねまき」の植野倫加さん(43)から、消しゴムはんこの作り方を教わった。消しゴムに彫刻刀で葉や花を彫り、インクを付けて、それぞれの書き初めに押した。

残り:71文字 全文:380文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る