PR
PR

【道スポ】ミシャサッカー支えるクラブの頭脳 大塚フィジカルコーチ GPS端末導入の先駆け

 指揮5年目を迎えるミハイロ・ペトロビッチ監督(64)を陰で支える男がいる。大塚俊介フィジカルコーチ(39)。データを用いて選手のコンディションをきめ細かく管理し、負荷の高い戦術をサポートする。Jクラブの中で、真っ先に着手した先鋭的な取り組みに迫った。

 コンディション調整を担当する大塚コーチの1日は「ピッチにいるより、デスクワークの方が長い」という。シーズン中は毎日3時間以上、取得したデータの分析が日課だ。「統計はもはや趣味みたいなもの」と苦労を感じさせないが、研究者さながらの努力でチームを支えている。

 転機は2016年の開幕前。衛星利用測位システム(GPS)を扱うカタパルト社の営業マンがキャンプ地を訪れた。走行距離やスプリント回数を計測する端末の売り込みだった。

 選手全員分を用意するには「1年間で車が1台買えるくらい」のレンタル料が必要で、当時Jリーグでは全く普及していなかった高価な機材だ。導入は難しいと思いながらも三上大勝GM(50)に相談すると、快諾を得た。そこから大塚コーチの試行錯誤が始まった。

 試合のランニング強度を正確に把握し、1週間の練習を組み立てる。「監督のメニューで足りない部分を補う。試合と同等もしくは高い負荷をかけ、コンディションの維持、向上に努めている」。取得したデータは着実に積み上がり、試合2日前は軽めに、前日は神経系の刺激を入れるなど、徐々に洗練された。<道新スポーツ1月10日掲載>

【関連記事】
ACLとタイトル目指す コンサ・ペトロビッチ監督インタビュー
コンサドーレ、MFチャナティップが川崎に完全移籍へ

北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る