PR
PR

留萌大雪、市民生活に影響拡大 バス運休、ごみ収集遅れ 排雪終了まで1カ月か

 【留萌】昨年暮れから年始にかけて降った大雪が、市民生活に大きな影響を与えている。排雪が進まないため道路が狭く、路線バスの運行休止は3日目に入り、ごみ収集にも大きな遅れが生じている。市などは排雪作業を本格化させたが、市内全域で完了するまで1カ月程度かかるとみており、影響が長期化する恐れも出ている。

通行量の多い幹線道路を優先して排雪作業が行われる留萌市内
通行量の多い幹線道路を優先して排雪作業が行われる留萌市内


 市内は先月19日から今月5日まで連日の降雪を記録し、積雪は先月31日と今月1日には111センチと平年の3倍以上に達した。路肩に雪がたまり、車がすれ違えないほど狭まった道路が、あちこちに出現している。

残り:628文字 全文:877文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る