PR
PR

道内企業の半数は「正社員不足」 昨年10月、民間調査

[PR]

 帝国データバンク札幌支店が昨年10月に行った人手不足に関する動向調査によると、「正社員が不足」と答えた道内企業の割合は前年同月比5・8ポイント増の50・0%と半数を占めた。新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言が解除されたことなどを受け、人手不足感がコロナ前の水準に近づいている。

 調査は1107社を対象に行い、569社が回答。「不足」とした企業はコロナ禍で減少した前年同月の44・2%から大きく増え、19年10月の53・2%に近い水準に戻った。「適正」と答えた企業は2・9ポイント減の43・5%、「過剰」は2・9ポイント減の6・5%だった。

残り:245文字 全文:522文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る