PR
PR

道内でオミクロン株感染を初確認 札幌滞在中の関西在住者 市中感染には当たらず

[PR]

 道と札幌市は4日、新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に、同市に帰省中の関西居住の40代男性が感染したことを確認したと発表した。道内でのオミクロン株感染の確認は初めて。道や市は道外で感染した可能性が高く、濃厚接触者も特定できていることから、市中感染には当たらないとしている。

 道や市によると、男性は軽症で、市内の医療機関に入院しているという。男性は昨年12月27日に航空機で来道した。その後、関西の知人から「コロナに感染した」と連絡を受け、自らの感染も疑って市の相談窓口に連絡。検査でコロナ陽性が判明した。さらに市衛生研究所でゲノム(全遺伝情報)解析を行い、オミクロン株感染が分かった。道や市はこの知人から感染した可能性が高いとみている。男性は2回のコロナワクチン接種を終えていた。


【関連記事】
首相「陽性者全員入院」見直し オミクロン対応、国内対策に重点
<横田教授の「コロナ」チェック 特別編>経済と感染対策 両立する社会へ

残り:239文字 全文:655文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る