PR
PR

たこのすべり台、函館最後の1基 秘密基地感たっぷり、近隣住民から惜しむ声

 【函館】タコの形をした大型遊具「たこのすべり台」が、函館市内で残り1基になった。設置されている公園は、市民から「タコ公園」と呼ばれ長年親しまれてきたが、老朽化や安全性の観点から、3カ所のうち2カ所の公園で既に撤去されている。親しんでいた市民からは「さびしい」と惜しむ声も上がっている。

 タコの脚をよじ登り、すべり台で下りたり、空洞部分をくぐり抜けたりして楽しむ「たこのすべり台」。市内で唯一残っている本通第1号児童公園に立ち寄った横山孝さん(73)は「タコの遊具は地元の人にとって目印。昔に比べたらだいぶ古くなってきたけど、なくなったら子どもたちもさびしいだろう」と話す。

 「たこのすべり台」は1960年代ごろ、東京都内に設置されると人気が出て、全国の公園に広まった。市公園河川整備課によると、市内では高度経済成長期の宅地造成で公園の設置が進んだ70年代から設置され始めた。「最盛期に何基あったかは不明」(同課)だが、近年は日吉児童公園と本通第1号児童公園、富岡中央公園の3カ所に「たこのすべり台」が設置されていたという。

 市は、国土交通省の「公園遊具の安全確保に関する指針」と公園施設協会の基準の改定を受け、2010年度から市内の公園遊具の点検を開始。「たこのすべり台」は定期的に補修を行ってきたが、コンクリートが経年劣化し骨組みの鉄筋がむき出しになるなど老朽化が進んできたことや、落下する可能性がある箇所にコンクリートが露出しているなど安全基準を満たさなない点が出てきたことから、見直しが必要になった。

残り:380文字 全文:1034文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る