PR
PR

オウム後継団体への規制強化要請 札幌市など関連施設がある自治体

[PR]

 オウム真理教関連施設がある全国の自治体でつくる「オウム真理教対策関係市区町連絡会」は22日、古川禎久法相と公安調査庁の和田雅樹長官に、教団の後継団体への規制を強化するよう申し入れた。

 構成自治体のうち、札幌市など13市区町が参加。会長を務める東京都足立区の近藤弥生区長が、オウム真理教に適用されている団体規制法に基づく観察処分(3年間)の更新や期限撤廃などを求める要請書を提出した。受け取った古川法相は「大変な不安感は承知している。しっかりと対応したい」と述べた。

残り:51文字 全文:284文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る