PR
PR

函館スイーツ 埼玉で好評 商工会議所が連携 菓子店でフェア

 さいたま市の洋菓子・パン店「ボンドール北浦和西口駅前店」は、函館と近郊の菓子などを販売する「函館スイーツフェア」を21日まで開いている。函館商工会議所(久保俊幸会頭)とさいたま商工会議所(池田一義会頭)の連携事業で、多くの市民が「函館の味」を買い求めている。

 北海道新幹線開業をきっかけに、新幹線沿線の地域間で連携しようと、両商工会議所は2019年から商談会などを開いてきた。今回はボンドールがオンラインで事前に商談を行い、昭和製菓(函館)の「北海道酪農牛乳チーズケーキ」や北海道製菓(同)の煎餅「メイドイン北海道うに仕立」、天狗堂宝船(七飯)の「はちみつりんご餅」、末広軒(北斗)の「きたぐにの大地プリン」など計44品を販売することにした。

残り:90文字 全文:412文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る