PR
PR

車両不具合11本運休 JR函館線

 8日午前11時45分ごろ、札幌市北区のJR函館線の桑園駅―札幌駅間で、苗穂行き試運転車両(7両編成)で配管から空気漏れする不具合が発生し、ブレーキが解除できなくなった。JR北海道は車両を点検し不具合を処置し、約30分後に運転を再開した。これに伴って快速など計11本が運休または部分運休し、約1700人に影響が出た。

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る