PR
PR

びっくりドンキー 割れないコップ導入 特殊な合成樹脂使用 使用後はリサイクルも

 ハンバーグレストラン「びっくりドンキー」は、透明度が高く、耐久性に優れた合成樹脂トライタンを使ったコップを導入した。従来のガラスやプラスチック製に比べ長く使え、リサイクルも可能なため環境負荷軽減につながるという。

 ガラス製は1カ月で1店舗当たり平均約12個割れ、従来のプラスチックは食洗機の熱に弱かった。そのため2年ほど前から検討を重ね、10~11月に直営全132店とフランチャイズ(FC)2店にトライタンのコップ計約2万6千個を導入した。

残り:165文字 全文:386文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る