PR
PR

札幌のアレフ2施設に立ち入り検査 公安調査庁

 公安調査庁は2日、オウム真理教から改称した主流派の後継団体「アレフ」の札幌白石施設(札幌市白石区)と札幌施設(同市豊平区)を団体規制法に基づき立ち入り検査した。

 同庁によると、施設の設備や使用状況、活動の実態把握が目的。調査官計18人が同日午前10時ごろから白石施設内に約8時間半、札幌施設内に9時間入り、元代表の松本智津夫元死刑囚=教祖名・麻原彰晃、2018年死刑執行=の写真や松本元死刑囚の説法を収録した書籍などを確認した。

残り:158文字 全文:373文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る