PR
PR

旧「かんぽの宿」一新 小樽・朝里川温泉、年内にも開業

 【小樽】小樽市朝里川温泉地区でスキー場などを運営する「Sasson」(サッソン、小樽)が、旧「かんぽの宿小樽」(同市朝里川温泉2)を改装し、新たな宿泊施設を開業する。工事はほぼ終えており、早ければ年内にも営業を始める計画だ。

 名称は「朝里川温泉ホテル」で、鉄筋コンクリート4階建て延べ約8500平方メートル。旧かんぽの宿小樽は21室だったが、建物内に併設されていた有料老人ホームの34室をツインルームに改装し、計55室に増やす。改装費は約1億円。宿泊料金は1泊2食付きで1万2千円前後を想定している。

残り:214文字 全文:570文字
全文はログインすると読めます。

【関連記事】
高砂温泉1日新装開業 旭川 駄菓子扱うレトロ商店設置
創作フレンチ個室で 遠軽・ノースキングにレストラン開業 地元食材ふんだん
高級別荘を民泊施設に 道内外で続々開設 民泊・無人ホテルのマッシブサッポロ

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る