PR
PR

イワシ大量打ち上げ サバに追われたか 羅臼の海岸

 【羅臼】羅臼町の海岸の複数箇所で、11月27日から30日にかけ大量のカタクチイワシが打ち上がったことが分かった。魚体は10センチ程度が中心。市街地から南へ約6キロの八木浜町では50メートル以上にわたり、白く小さな魚体で浜が埋まった。総量は不明だが、専門家は「サバの群れに追われて上がった可能性が高い」とみる。

 羅臼町の知床財団事務所は、八木浜町や隣の麻布町の海岸で大量のカタクチイワシを確認した。

残り:242文字 全文:528文字
全文はログインすると読めます。

【関連記事】
秋サケ不漁 釣り人が原因? 斜里町、初の釣獲数調査
サバ大漁、昨年の100倍超 羅臼、11月中旬以降1450トン
秋サケ漁獲量22%増 赤潮濃度が低い海域にとどまる?

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る