PR
PR

師走の函館きらめく クリスマスファンタジー開幕

 函館の冬の一大イベント、2021はこだてクリスマスファンタジーが開幕した1日、函館市内各地のイルミネーションも始まり、温かな光が街中を包んだ。

 函館山ふもとの西部地区では「はこだてイルミネーション」がスタート。二十間坂、八幡坂、開港通り、基坂といった主要な通り4カ所の街路樹などに計16万個の発光ダイオード(LED)電球がともった。八幡坂で写真を撮っていた、旅行中の札幌市の会社員男性(48)は「色に統一感があって、シンプルでとてもきれい」と話していた。

 はこだてイルミネーションは来年2月28日まで。点灯時間は日没から午後10時。(伊藤友佳子)

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る