PR
PR

立憲新代表に泉氏 道内野党連携に期待 与党は対決路線注視

[PR]

 30日の立憲民主党代表選で泉健太新代表が選出され、道内の野党関係者からは来年夏の参院選を見据え、47歳の道産子が野党第1党の新たな「顔」となることへの期待と注文が相次いだ。与党側は立憲の政権対決路線などがどう変化するか注視する構えだ。

 泉氏は札幌市生まれで石狩市育ち。立憲道連の梶谷大志幹事長は取材に「若いので失敗を恐れず党運営をしてほしい。道産子なので北海道のことも分かってくれる」と期待する。共産党などとの野党共闘については、道連内で評価する声が多数を占めていることを踏まえ「代表は各地域の状況をしっかり把握してほしい」と求めた。

残り:491文字 全文:759文字
全文はログインすると読めます。
北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る