PR
PR

「寅」のように力強い年に 小樽で干支のガラス製品販売

 小樽市内のガラス製品販売店では来年の干支(えと)「寅(とら)」にちなんだトラの置物が並び、観光客らの目を引いている。

 「小樽大正硝子館・びーどろ館」(堺町)では毎冬、新しい干支の置物を販売しており、高齢者を中心に12月に多く売れている。今冬も同店近くの工房ではガラス工芸家が11月からトラの置物を制作している。手のひらに乗る大きさで、ちょこんとした目や口のかわいらしいデザインだ。20分ほどかけて、一つずつ丁寧に形作る。

残り:120文字 全文:360文字
全文はログインすると読めます。

【関連記事】
<特集>キタ×コレ~北海道をおいしく、旅する~

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る