PR
PR

札幌五輪費用負担 知事「札幌市と調整」

[PR]

 鈴木直道知事は30日の記者会見で、札幌市が2030年招致を目指す冬季五輪・パラリンピックについて、道が所有する真駒内公園屋内競技場の改修を巡り、道も費用負担が生じる可能性を示し、「今後、札幌市と調整する。情報共有を図り、協力していきたい」と述べた。

 札幌市は29日に新たな大会概要案を公表し、アイスホッケー会場の候補に挙がる真駒内を含め各会場の施設整備費は原則、所有者の負担としている。今後、道などと調整に入るとみられる。知事は「札幌市がどういった形で試算しているか分からない」と述べ、市側と協議を進める考えを示した。(小宮実秋)

北海道のニュースがメールで届く
試合速報・結果
  • プロ野球
  • Jリーグ
  • サッカー代表
  • 大相撲
  • 甲子園
  • ゴルフ
  • 大リーグ
  • Bリーグ
スポーツ情報メガ盛り メガスポ
PR
ページの先頭へ戻る