PR
PR

道内10月新設住宅着工 2カ月連続で前年超え

[PR]

 国土交通省が30日発表した建築着工統計調査によると、道内の10月の新設住宅着工戸数は前年同月比12・3%増の3043戸で、2カ月連続で前年の実績を上回った。

 着工戸数の内訳は、持ち家が16・9%増の1206戸で7カ月連続の増加。貸家は8・9%増の1280戸、マンションなど分譲住宅は11・0%増の524戸で、いずれも2カ月連続の増加だった。

 全国の新設住宅着工戸数は10・4%増の7万8004戸で、8カ月連続の増加だった。

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る