PR
PR

クマ1頭、住宅の倉庫侵入 ホッケ狙いか 羅臼

 【羅臼】30日午前4時35分ごろ、根室管内羅臼町岬町の3階建て住宅1階部分の倉庫にヒグマ1頭が侵入しているのを、この家にいた住人が見つけ、同町内の知床財団事務所を通じて中標津署に通報した。クマは立ち去り、住人にけがはなかった。

 同署によると、クマは体長約2メートルで、倉庫内のケースに入っていた塩漬けのホッケを狙ったとみられる。住宅内には家族4人がおり、物音に気付いた1人が倉庫内を見たところ、クマがいたという。倉庫は出入り口のガラスの引き戸が倒されて壊れ、クマのものとみられる血が付いた足跡があった。

 現場周辺は住宅などが点在し、今月は漁師の作業小屋や住宅の敷地内に干された魚をクマに食べられる被害が相次いでいる。

【関連記事】
ヒグマ 羅臼町内に11月は異例の出没数 住宅内にも侵入
羅臼北部クマ、最低3頭 危険事例多発「なお警戒必要」
11月も羅臼でクマ出没相次ぐ 北部に集中、干した魚狙いか
札幌市街地周辺のクマ15年度比1.8倍に

北海道のニュースがメールで届く
PR
ページの先頭へ戻る